実施報告 6月10日「松戸商工会議所」資金繰り改善と働き方改革と雇用助成金活用説明会

一般社団法人助成金人事労務支援協会の広報担当
実施報告6/10(月曜日)

松戸商工会議所にて
資金繰り改善と働き方改革と雇用助成金活用説明会を実施致しました。

今回は20社の会社役員・代表さまにお越しいただきました。
ご多忙のなかご参加いただきまして誠に有難うございました。

補助金は、少子高齢化問題、環境問題、地方都市問題などの問題を解決するため、起業促進、地域活性化、女性若者の活躍支援といった活動を行っている人や企業に対して給付されるものが多くあります。これは経済産業省で実施されており、法人税が財源です。

これに対して助成金は「雇用」に関する給付金で、厚生労働省で実施されており、雇用保険料を財源としています。

厚生労働省・経済産業省以外にも、地方自治体やNPO法人が給付している助成金・補助金もあります。

助成金は要件等が合うと受給することができる可能性が高いのですが、補助金は上限が決められており、申請しても受給できないケースも珍しくありません。また、助成金の申請期間は通年もしくは長期間ですが、補助金の多くは申請期間が短く1ヶ月程度しかないこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です